Navigation »

「リポビタンD トライ&チャージキャンペーン」

この記事の所要時間: 016

 2007年から毎年チャレンジしているけれど、当選経験はなく記憶の範囲ではなにか粗品程度のものはもらった覚えがある。今年はシール60枚でなにに挑戦するか悩み中・・
 応募シールはオークションでも入手ができて、シール120枚あたり送料込みで1000円以内くらいが相場です。

DSC00307

Tags:

「炎上」と「拡散」の考現学 なぜネット空間で情報は変容するのか

この記事の所要時間: 022

 「炎上」と「拡散」の考現学 なぜネット空間で情報は変容するのか
 2014年に神戸の国際学会で発表していた内容を、著者が一般書向けの文章にまとめたもの。小峯 隆生 (著), 筑波大学ネットコミュニティ研究グループ (著)
 まあ、炎上を狙う人たちにとっては興味が無い内容でしょうけど。

DSC00257

「炎上」と「拡散」の考現学――なぜネット空間で情報は変容するのか


No tags for this post.

電車内で本を読む人が二人もいたなんて

この記事の所要時間: 015

「電車内で本を読む人が少なくなった」のか?

 たった一人でも珍しいのに驚いたことに二人も・・
 知らない同士が電車内で向かい合って読書する姿が神々しく見えます。
 たまにしか電車に乗らないのでもうこの光景は見納めというべきでしょうか。

2015-06-25 20.40.06

No tags for this post.

気にしすぎの取扱説明書・気にしすぎ症候群(小学館新書)

この記事の所要時間: 032

 買ってから二ヶ月以上経過、そろそろ読みたくなった本たち
 気にしすぎは日本人であることの証明
 気にしすぎは日本人同士ではお互い様
 だとおもいます。
 この本で、周到に仕組まれた「気にしすぎ」のメカニズムがわかるのだそうです。
 たとえロジックがわかったとしてもけして改善する必要も無く、むしろさらにもっと気にしすぎに徹底すればよいとおもいます。納得するまでとことん気にするべきです。それが日本人であることの証明ですし、それがいやなら、日本を脱出してタイへ移住を考えましょう!

DSC00256

気にしすぎ症候群(小学館新書)


No tags for this post.

マンガの論点 21世紀の日本の深層を読む(幻冬舎新書)

この記事の所要時間: 021

 買ってから一ヶ月経過、そろそろ読みたくなった本たち
 2006年(平成18年)から9年にわたって月刊誌に連載していたものを新書版にまとめたもので、全部で774ページ、厚みは35ミリもあります。
 マンガの読み方のヒントを明示してくれる新書
 著者は、中条省平氏

DSC00203

マンガの論点 21世紀の日本の深層を読む(幻冬舎新書)


Tags:

「人の噂も75日」のネット検索が怖い (ポプラ新書)

この記事の所要時間: 049

 買ってから一ヶ月以上経過、そろそろ読みたくなった本たち

はじめに
ネット上では、「人の噂も75日」は通用しない
序 章 自分に関する書き込みを削除するには?
ネット上の名誉棄損・プライバシー侵害などに関するQ&A
第1章 ついに、グーグルに対し検索結果削除命令が下された!
忘れられない時代の「忘れられる権利」とは
第2章 ネット上の書き込みに困り、苦しんでいる状態から脱したい
記事の削除・発信者の特定ができる事例、できない事例
第3章 誰もが、被害者・加害者になる可能性
ネット上もリアル社会と同じようにルールがある
第4章 削除請求・開示請求はどんな方法でどのように行われるのか
記事の削除・発信者特定の具体的方法と費用、期間
第5章 検索される恐怖から一生逃れられないのか
ネットの人権侵害から身を守るには

DSC00205

ネット検索が怖い (ポプラ新書)


Tags:

原宿にある歴史的な橋!「神宮橋」をわたって明治神宮へ

この記事の所要時間: 014

ここは道路(歩道)です。
ここでの物品販売、演奏行為、遊戯等はできません。

日本語縦書きの看板だけがある分には違和感はないが、もしも、英語・韓国語・中国語・タイ語などの看板での告知も必要な場合、街全体の雰囲気はどうなるのだろう。

DSC00292

No tags for this post.

リコーGR とCyber-shot DSC-RX100 撮りくらべ

この記事の所要時間: 019

 リコーGR とCyber-shot DSC-RX100 で迷っているという書き込みやどちらを買うか迷っているという書き込みをよく見つけます。
 そんな迷いの参考になるなればと思いほぼ同じ位置から撮ってみました。(原宿にて)

GR002676

PHOTO:リコーGR

DSC00294

PHOTO:Cyber-shot DSC-RX100

No tags for this post.