MacBook Air 11インチ容量問題:空き領域48.64GB

 さらにアプリケーションを削除(64GBのMacBook Airの内蔵SSDの容量を確保するを参考にしました)して、いくつかのアプリケーションをインストールしてようやく落ち着きました。
 MacBook Pro 13.3インチ RAM4GB ではFetchJb1を使っているのにMacBook Air 11では起動できなかったので、FetchJb2を使いました。FetchJb2はMacBook Air 11に対応しています。
 カスタマイズばっかりで使う暇がないのが楽しいですね。
 主たる使い道は
 「テキスト打ち」「ネット閲覧」「ブログの下書き」
 「クライアントから預かっているブログの監視やメンテナンス」
 File Transfer Protocol (FTP)、またはSSH File Transfer Protocol (SFTP)を使ったファイル転送
 とこんな感じです。

「MacBook Air (11-inch, Late 2010)」1.4GHz 2G 64GB
 タイ語キーボード
 購入後、最初に起動してデスクトップ表示後のデータ
  容量:60.32GB
空き領域:48.44GB
使用領域:11.88GB
———————————-
ソフトウェア再インストール用ドライブ(USB)でOSのクリーン
インストールを終えて、さらにOSのソフトウェアアップデート
実施後のデータ(iLife ’11はインストールせず)
  容量:60.32GB
空き領域:53.17GB →48.64GB
使用領域:06.99GB →11.68GB
———————————-
インストールしたもの     (2010年11月10日現在)
 FireFox,Google Chrome,Opera
 Jedit X,FocusWriter,NewNOTEPAD Pro,
 ClamXav,Dropbox,VLC media player
 DropLHa,StuffIt Expander,MacWinZipper
 Thunderbird,GyazMail
 FetchJb2(FetchJb1では起動しなかったため)
 かわせみ(物書堂)
 過去にインストールしたが削除したものは省いています。
———————————-
今後インストールする予定のもの
 Skype,FaceTime,Office for Mac 2011

Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2019)を見る。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 5 =