Mac OS X LionのインストールDVD作成(トラブルに備えての対策)

 MacBook Air とMacBook Pro へのインストール(Lion)を終えて・・

 この手の段取りは時間がたつと忘れてしまうので、自分のためにも記録しておくことにしました。
 Mac OS がインターネット経由で入手することになり、OSをインストールしたままだと手元に起動DVDディスク(Mac OS が入っているメディア)も残っていなく、Mac OS が動いているハードディスクが故障した場合は、お手上げ状態となってしまいます。

 App StoreからLionを購入したあと、インストールしていない状態、あるいはインストールをしたあと、再ダウンロードした状態では、「Mac OS X Lion インストール.app」はアプリケーションフォルダーに置かれています。


 このように「Mac OS X Lion インストール.app」があることを確認したら、「」を探します。Spotlight でInstallESD.dmg とサーチするのが早いでしょう。


 この「InstallESD.dmg」が OS X Lion の起動ディスクのディスクイメージです。
 この「InstallESD.dmg」を外付けのハードディスクなどへコピーしておきます。万が一、起動ディスク作成中にトラブルが発生してこのディスクイメージを壊してしまってもバックアップですから安心です。
 次にディスクユーティリティを起動し、「ディスクを作成」ボタンを押す。


 外付けのハードディスクなどにコピーしておいた「InstallESD.dmg」を選択し、再度ダイアログ上の「ディスクを作成」ボタンを押します。
 ドライブに DVD-R を挿入して、OS X Lion起動ディスクの出来上がりを待ちます。


 できあがった起動 DVD ディスク「Mac OS X Install ESD」を Mac のデスクトップ(OS バージョンが10.5.8 のためアイコンが対応していないという表示になります。)でマウントするとこのようになります。

Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2019)を見る。
Tags:

1 comment for “Mac OS X LionのインストールDVD作成(トラブルに備えての対策)

  1. 太田 敏文
    2011年8月5日 at 2:18 PM

    こんにちは。ご無沙汰してます。

    レスキュー用 DVD ですが、今回は安くなっている USB メモリ(8GByte)でも作ってみました。ディスクユーティリティで USB メモリに GUID パーティションを作成し、そこにディスクイメージを書き込むと、起動可能な USB メモリが出来ます。

    # 起動する時は起動音が出る前に Opt キーを押下して USB メモリを選択します

    DVD よりもはるかに高速に起動するので、とても快適ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 7 = 1