「炎上」と「拡散」の考現学 なぜネット空間で情報は変容するのか

 「炎上」と「拡散」の考現学 なぜネット空間で情報は変容するのか
 2014年に神戸の国際学会で発表していた内容を、著者が一般書向けの文章にまとめたもの。小峯 隆生 (著), 筑波大学ネットコミュニティ研究グループ (著)
 まあ、炎上を狙う人たちにとっては興味が無い内容でしょうけど。

DSC00257

「炎上」と「拡散」の考現学――なぜネット空間で情報は変容するのか


Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2018)を見る。
No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 2 = 4