人物特定が困難であり、肖像権侵害にはあたらない。

 はじめはいつもとおりフォーカスをあわせて撮ったものの拡大してみたところ、あまりにも人々の顔が鮮明に写るので、「人物の撮影→公表は肖像権侵害になる」を避けるためにマニュアルフォーカスにして、ピントを合わせずに撮影しました。
 これならば人物特定が困難であり、肖像権侵害にはあたらない。なるほど。フォーカスは使いようですね。
 部分的にぼかす場合、人の顔や場合によっては商品(オリジナルのため撮影不可だったりして。。)までもぜんぶ手を加えなくてはならず、マニュアルフォーカスもありですね。

P1000216
 PHOTO:LUMIX LX100

Related Posts with Thumbnails
No tags for this post.

1 comment for “人物特定が困難であり、肖像権侵害にはあたらない。

  1. でんでん
    2017年7月20日 at 1:29 PM

    おお。なるほど!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 4 = 10