同一内容で電子ブックと文庫の両方を買う

 もちろん、これまでに日本語の作文技術 (朝日文庫)は、買ったことはあるけれど、どこにも見当たらず、Kindle版の< 新版>日本語の作文技術 (朝日文庫)を買ってみた。そして数日後に立ち寄った書店で文庫本をみていたらやっぱり欲しくなり、結局両方とも買ってしまった。

IMG_2550
P1000753

内容紹介
「目的はただひとつ、読む側にとってわかりやすい文章をかくこと、これだけである」

修飾の順序、句読点のうちかた、助詞のつかい方など、
ちゃんとした日本語を書くためには技術がいる。
発売以来読み継がれてきた文章術のロングセラーを、
文字を大きく読みやすくした新版。

【目次】
●第一章 なぜ作文の「技術」か
●第二章 修飾する側とされる側
●第三章 修飾の順序
●第四章 句読点のうちかた
1.マル(句点)そのほかの記号
2.テン(読点)の統辞論
3.「テンの二大原則」を検証する
●第五章 漢字とカナの心理
●第六章 助詞の使い方
1.象は鼻が長い――題目を表す係助詞「ハ」
2.蛙は腹にはヘソがない――対照(限定)の係助詞「ハ」
3.来週までに掃除せよ――マデとマデニ
4.少し脱線するが…。――接続助詞の「ガ」
5.サルとイヌとネコとがけんかした――並列の助詞
●第七章 段落
●第八章 無神経な文章
1.紋切型
2.繰り返し
3.自分が笑ってはいけない
4.体言止めの下品さ
5.ルポルタージュの過去形
6.サボリ敬語
●第九章 リズムと文体
1.文章のリズム
2.文豪たちの場合


< 新版>日本語の作文技術 (朝日文庫) Kindle版



【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫) 文庫 – 2015/12/7

Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2018)を見る。
No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 + = 11