コミュニケーション 違い楽しみ、響き合う:群馬県

 私が在籍していた日本航空の国際線では、通常外国人乗務員が数人乗務していたので、国際色豊かな現場環境だった。ヨーロッパ各国、アジア各国、ブラジル線が就航していた時には、半数近くがブラジル国籍の乗務員で飛ぶこともあった。グローバルな環境に「違い」を楽しむ一方で、「違い」故に起こる衝突やミスコミュニケーションも経験した。特に新人の頃は自分の価値基準を強いていたところが多々あったと反省する。

コミュニケーション 違い楽しみ、響き合う
2018年08月29日
上毛新聞
https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/75742

Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2018)を見る。
No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 3 = 8