タイとの交流活発化 五輪バド、ファンクラブも発足:秋田県

 2020年東京五輪のタイ・バドミントンチームのホストタウンに登録されている秋田県美郷町で、タイとの交流を盛り上げようという動きが活発化している。ファンクラブを立ち上げてタイ選手の応援をしたり、グッズの販売やタイ語版観光パンフレットの製作を行ったりして、タイから選手や観光客を出迎える準備を進めている。

美郷町、タイとの交流活発化 五輪バド、ファンクラブも発足
2019年01月20日
秋田魁新報社
https://www.sakigake.jp/news/article/20190120AK0010/

Related Posts with Thumbnails ラワンクルのタイと日本暮らしのサイクル(2010-2019)を見る。
No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 7 = 1